永代供養墓

なぜ今、永代供養墓なのか?

2008年より日本の人口は減少に転じました。

都市部では人口がより一層集中し核家族化が進みます。地方では過疎化の問題とともに高齢化の波が一気に押し寄せてきます。この傾向は今後さらに加速していくでしょう。少子、超高齢化社会がもう目前まで迫っています。
このような時代の流れの中で、最近マスコミでは自分の最期をどう迎えるか、すなわち「終活」についてよくとりあげられ関心が高まっております。
その中でも特に「遺骨をどうするか」「お墓をどうするか」という問題で悩んでおられる方が非常に多いようです。
亡くなったあと遺骨を従来どおり墓地に埋葬する方法や、木や花の下に埋葬する「樹木葬」、遺骨を粉砕して海に撒く「散骨」など最近は様々な埋葬の方法があるようです。
先祖代々のお墓や墓地があるが、お墓の継承者がいない,親族との付き合いが薄い,遺骨をどうしたらいいのかわからない,将来子供に心配や負担をかけたくない,遠方のお墓を移したい,無縁墓にならない安心できるお墓や霊園を探している等、様々な理由で悩んでおられる方々の事情に対応するために『永代供養墓』がございます。
弘法大師の島の供養寺として当寺では、このような遺骨・お墓の問題についてどのような方法で供養できるのか考え『永代供養墓』を建立しました。先祖代々のお墓の「墓じまい」問題や遺骨の保管・供養など、様々な問題に対応できるようになりました。
こうした問題を解決する1つの方法として、この問題で悩んでいる多くの人々に死後安心して託すことのできる寺となれるよう日々精進致しております。
小豆島はお大師様の島であります。毎年大勢のお遍路様が訪れ、たくさんの般若心経の声が溢れております。遠方よりご納骨されても寂しくありません。
また、小豆島はオリーブの島です。オリーブは平和のシンボルであります。温暖で平和への祈りに満ち溢れる島の穏やかな場所でゆっくり供養されたい、供養したいという願いを実現してもらおうと、永代供養墓をご提供しております。ご遺族様にとっては、お墓参りを兼ねての小旅行として小豆島に来ていただくこともできます。供養を義務ではなく家族の大切なイベントととらえてみてはいかがでしょうか。

お大師様の島の供養寺に関心を持っていただきましたら幸いです。

合掌.

永代供養墓についてのお問合せは、

必須お名前

必須メールアドレス

郵便番号

都道府県

ご住所

必須メッセージ本文

長勝寺では個人情報の取り扱いについて、以下の利用規約を定めています。
■利用目的
お預かりした個人情報は、以下の目的で利用するものとし、他の目的で使用することはありません。
1.ご質問への回答、当寺からの情報提供のみに使用いたします。連絡につきましては、 e-mail、郵便、電話等の手段により行います。
2.前述の目的以外で個人情報を利用する場合には、必ずご本人に事前に通知し同意をいただいた上で行います。
※収集させていただいた個人情報に関する書類のご返却はいたしません。予めご了承ください。
■個人情報の管理
お預かりした個人情報は、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の個人情報に関するリスクに対して合理的な安全策を講じて適正に管理します。
■個人情報の第三者への提供
お預かりした個人情報は、ご本人の同意を得ることなく以下の目的以外で第三者提供を行うことはありません。ただし、ご本人の同意を得た場合、法令に基づく場合、人の生命・財産の保護の必要がある場合、警察裁判所等の公的機関の業務への協力が必要である場合はこの限りではありません。
・システムの保守又は改修などの目的により、外部の企業に預託する場合
■個人情報の開示・訂正・削除
1.お預かりした個人情報について、ご本人より開示の請求があった場合は、その請求に基づいて、お預かりしたすべての情報を開示します。さらに、開示した内容が間違っていた場合には、速やかにその情報を訂正致します。
2.ご本人より抹消の申し出があった場合、もしくは、下記のいずれかに該当した場合は、削除させていただきます。
・当寺の運営を妨げる行為、またはそのような恐れのある行為があったとき
・本規約に違反し当寺が抹消処分相当と判断した場合
■利用規約の変更
当寺は、本規約を承諾を得ることなく、変更・改訂できるもとし、改訂後はすべてのユーザーに改定後規約が適用されるものとします。